声優>ボイスサンプル作りで使うマイクスタンドの選び方

ボイスサンプル作りで使うマイクスタンドの選び方




ボイスサンプルに使うマイクの選び方でマイクを買う際のポイントをご紹介しました。

 

ただ実際にマイクを使って録音しようとなると色々なものが必要になり、中でもないと困るのがマイクスタンド

 

もちろんマイクを持って録音することもできますが、マイクが固定されていないと口とマイクの距離が近くなったり遠くなったりしてうまく録れませんし、喋ることに集中もできません。

 

そのためなるべくマイクスタンドを用意するようにしましょう。

 


マイクスタンド

マイクスタンド選びでまず考えて欲しいのが立って録音するか椅子に座って録音するか

 

アフレコを立ってするからといってボイスサンプルも必ず立って録音しなければいけない決まりはありません。

 

人によってどちらが喋りやすいか違いますので、立って録音する場合はマイクスタンド、座って録音する場合は卓上マイクスタンドを用意しましょう。

 

マイクスタンド

左:普通の 右:卓上

 

ちなみにアフレコは立って行いますが、ナレーションは座って読むことが多いです。

 

ただ、普通のスタンドマイクであればどちらにも対応できますし、今後の練習にも使えますので置き場所に困らなければ普通のスタンドマイクの方がいいかもしれません。

 

おすすめのマイクスタンド

マイクスタンドにはまっすぐのストレートスタンドと、間接があるブームスタンドがあります。

 

ストレートとブーム

左:ストレートスタンド 右:ブームスタンド

 

ストレートスタンドだとマイクの位置が調整できませんのでブームスタンドの方がおすすめです。画像は卓上マイクになりますが、スタンドもこのようにわかれています。

 

マイクスタンド購入の注意

とりあえずマイクスタンドを買えば大丈夫と安心したいところですがあと1つ、マイクホルダーが必要になることがあります。

 

 

もしこれがないとマイクスタンドを買ってもマイクを繋ぐことができません。

 

マイクスタンド購入の確認事項

マイクスタンドを選ぶ際には自分がどのように録音するかを考え、またマイクホルダーを忘れないようにしましょう。

 

ただし、マイクやマイクスタンドによってはこれらがついていることもありますので、購入の際は付属品をしっかり確認するようにしてください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止