声優>ボイスサンプルにおすすめの原稿

ボイスサンプルにおすすめの原稿




ボイスサンプルで困ってしまうのが、原稿を自分で用意しなければいけない場合。

 

短いセリフでいいなら好きな漫画のキャラのセリフを使えばいいですが、〇分と時間の指定があるとセリフだけでは短すぎたり、また朗読やナレーションを録るようにと決められていることもあります。

 

これから養成所に入ろうという人で朗読やナレーションの原稿を持っている人はほとんどいないでしょうし、また本屋にいってもそういうは本はあまりありません。

 

こういうときには声優や朗読・ナレーションに関する練習本を使いましょう

 


練習本の中身

声優の練習本やトレーニングブックはその名のとおり声優の練習に必要なことが書かれており、中にはセリフだけでなく朗読やナレーションもあります。

 

また練習本なので、その朗読やナレーションをどのように読めばいいのかといったポイントが書いてあることもありますので、それを参考にすれば当然より良いボイスサンプルが作れます。

 

朗読やナレーションがどれだけあるか、読むポイントが書かれているかは本によってまちまちなので、本屋に言って中身を確認してから買うようにしましょう。

 

その他におすすめなのがCD付きの本。CDが付いていれば、プロがどのように読むのか耳で聞くことができるのでとても参考になります。

 

 

 

原稿はなんでもいい

原稿を自由に選べると悩んでしまいますが、ボイスサンプルで審査するのは原稿ではなく、その原稿をどのように読むか

 

応募条件を満たしている原稿ならなんでもいいので、用意した原稿をしっかり読めるように練習しましょう。



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止