声優>声優にとって声とは?声を良くする方法

声優にとって声とは?声を良くする方法




声優にとって声とは何でしょうか?

 

声優は声を使う仕事ですので、ピアニストにとってのピアノ、ギタリストにとってのギターのようなものです。声優にとっては声そのものが商売道具になります。

 

ここで考えてみて欲しいのですが、ではその声をよくするためにはどうしたらいいでしょう?

 


声をよくする方法

さきほど、楽器の例を出しましたが、それを考えてみると答えが見えてきます。楽器の場合、自分の技術もそうですが、良い楽器を使うことも音を良くする方法の一つです。

 

もちろん買っただけでなく、その後のメンテナンスも重要になります。メンテナンスを怠ってしまうとたとえ元がどんなに良い楽器でも、他の楽器に負けてしまいます。

 

声優の場合、その声(喉)がをいいものを買い換えたり、取り替えたりすることはできません。そのため、いい声を出す、声を良くするためには単純に練習するしかありません。

 

楽器のようにお金を出して買うものがありませんのでその点はシンプルですが、要するに声が悪いのは他のせいにできず、全て自分の責任、自分の鍛錬不足という事になります。

 

どんな業界でもそうですが、結果的にその道のプロになれる人というのは練習量が違います。

 

 

声優になるためには

声優になるためには練習が大事

 

すごく当たり前のことなのですが、声優養成所に通っている人でも忘れてしまう事がありますので、これはいつも心においておいて下さい。

 

メンテナンスは体調管理。調子が悪ければ本来の声はでません、仕事でそんな状態ではプロ失格です。これも覚えておいて下さい。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止