声優>七色の声は必要か?声と演技

七色の声は必要か?




声優はキャラクターを演じる仕事です。

 

演じるキャラクターの年齢や性格などによって声を使い分けるわけですが、本当に同じ声優がやっているのかと驚く事も多いです。

 


七色の声

様々な声が出せることを七色の声と言いますが、そういわれるのも納得です。声優になりたいと思っている人の中には、そんなにいろいろな声が出せないけど大丈夫かと不安な人もいるでしょう。

 

当然色々な声を使えた方ががより多くのチャンスがあります。じゃあ声優全員が声を使い分けているかというとそうでもありません。

 

 

七色の声が無くても声優になれる

皆さんも心当たりがあると思いますが、声優の中にも声が特徴的でこの声優はあの役の声優と同じだと聞いてすぐわかる人もいます。

 

なので、必ずしも声の使い分けができなくても大丈夫。と言いたいところですが、そういった人達は声は同じように聞こえても、その分演技でキャラの違いを出しています。

 

演技が上手ではない新人声優が声の使い分けもできないでは話になりません。

 

声を変えられないのだったら演技で使い分ければいいともいえますが、演技だけで違いを出すほうがよっぽど難しいです。声の使い分けと演技、両方ともしっかりできるようにしましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止