声優>声優への近道、声優の武器=自分の声を見つける

声優への近道、自分の声を見つける




声優を目指している皆さんには、それぞれ理想の声があると思います。私は低くて渋い声が理想ですが、声優になるにあたり、この「理想の声」について考えなければいけない問題があります。

 

それはあなたの声がその理想の声なのかどうかです。

 


声の理想と現実

実際、自分の声と理想の声とがぴったり一致しているという人はほとんどいないでしょう。低くて渋いダンディーな役をやりたいのに高い声だったり、かわいい役をやりたいのにハスキーな声だったりと、人それぞれあるでしょう。

 

ここでどうしようと思っても、声帯は替えられるものではありませんし、無理に声を作るとのどを壊してしまいます。

 

声優になりたい人には申し訳ありませんが、これについては諦めてほしいと思います。そうは言っても諦めきれないと思いますが、あなただけでなくほかの人も同じです。

 

 

声優に大切なこと

しかし、逆にこれが声優になる近道になります。声優になるには理想の声を諦め、自分の声を知ることが重要です。

 

ものごとは適材適所。

 

例え自分の理想の声が出せなくても、自分の声がどんな役に合うのかを知り、それを最大限生かせられれば、他の誰にもないあなただけの武器になります。

 

自分の声が嫌いな人へ」でも書きましたが、声優になるのには他にはないあなただけの、あなたしかだせない声がある事がとても重要なのです。

 

それにいくら声がよくてもいきなり主役ができるわけではありませんが、自分の声を最大限に活用し地道に仕事をこなしていけば、主役をやるチャンスもまわってくるでしょう。

 

 

声優という仕事

声優とは声を使った「仕事」です。実際に仕事をしてみると描いていた声優像とは違うかもしれませんし、また必ずしも自分のやりたい事ができるわけではありません。そういった事も覚えておいて下さい。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止