声優>上手なセリフを言うために気をつけること

上手なセリフを言うために気をつけること




声優として役を演じ、台詞をうまく相手に伝えるためには当たり前ですがその話をよく読み、全体の流れをよく考え、それにそって場面場面にあった演技をしなくてはなりません。

 

では実際台詞をしゃべる時、どんな事を気をつけていますか?

 


台詞で気をつけること

専門的な分野の話では普段使わない難しい言葉や専門用語が出てくるでしょうし、SFやファンタジーの話の場合は横文字で長く読みづらい名詞が出てくるでしょう。

 

台詞を言うときによくないのはその難しい言葉ばかり気にしてしまうことです。

 

その言葉を気にしていたり苦手意識を持っていたりすると、その部分だけしっかり言おう、かまないように気をつけようと意識してしまい、そこだけ不自然に声が大きくなってしまったり、ぎこちなくなってしまったりしてしまいます。

 

そうなると、台詞の中で一番重要なことよりもその言葉が際立ってしまいます。

 

 

練習が大事

読みづらい単語を意識してしまうのは当然ですが、こうなってしまっては本末転倒です。

 

難しい言葉であれば、それを簡単にいえるくらい十分に練習する必要がありますので、不自然にならないように気をつけましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止