声優>地方出身者が気をつけること、なまりの治し方

地方出身者が気をつけること、なまりの治し方




地方によっては言葉に「なまり」があります。大阪弁や熊本弁、東北なまりなど、それぞれ違ったアクセントがあるため、聞いていると面白いですね。

 

しかし声優として仕事をする場合、なまりがあっては仕事になりません。

 


なまりを治す方法

台詞は台本どおりに読まなければいけませんし、台詞があっていてもアクセントが違うとNGになってしまいます。そのため地方出身の方には大変ですが、全ての台詞を標準語でしゃべれるようにしなければなりません。

 

これは一人で練習していても、自分ではなにがどう違うのかわからず修正する事が難しいため、標準語をしゃべれる仲間と一緒に練習したり、録音したりしてチェックしましょう。

 

またアクセント辞典といって、一つ一つの単語のアクセントがわかるようになっているものが売っていますので購入しておきましょう。東京に住んでいる人でもアクセントを間違えている人は多いので声優を目指す人はもっておきましょう。

 

もちろんキャラの出身が地方という設定だった場合には、地方出身の人が有利になります。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止