声優>一本調子にならない、緩急を付けた話し方

一本調子にならない、緩急を付けた話し方




台詞を読む事には慣れてきたでしょうか。

 

最初のうちは読む事でいっぱいいっぱいでしょうが、同じようなしゃべり方だけでは魅力がありません。慣れてきたら読み方にも色々と変化を付けて、魅せられる演技にしていきましょう。

 

そんななかで意識して頂きたいのが、緩急の付け方です。

 


緩急の付け方

これは難しい事ではありません。ようは台詞の中で1本調子にならないよう違いをつけていけばいいのです。声の大きさや話す速度、音の高低などを工夫する事によって、魅力的な台詞にする事ができます。

 

怖い話で有名な稲川順二さんがいますね。

 

話の山場の前ではゆっくり小さな声で話し、一番驚かせたい場面で「ワッ!」と大きい声を出す事によってその話を盛り上げています。

 

とはいっても違いを付けることばかりに気が向いて、何でもかんでも変化をつけてしまったらまとまりがなくただの頭のおかしいキャラクターになってしまいます。

 

全体の流れやその台詞の意味よく考え、それにあった変化をつけていきましょう。また演技に重要な「間」のとり方について書いていますので興味があれば見ていって下さい。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止