声優>セリフでは何を大切にするべきか?助詞、「てにをは」とは?

セリフでは何を大切にするべきか




台詞をしゃべるときの注意として大事にして欲しいものがあります。それは俗に言う「てにをは」、文章中に出てくる助詞の事です。

 

前項とは逆に、これらは意識せずにさらっと流してしまう人が多いのですが、そうすると台詞の意味がわからなくなってしまうので注意しましょう。

 


助詞の重要性

例えば「俺○ガンダムだ」という台詞とします。
○の部分に助詞が入るわけですが、

 

「が」が入れば「俺ガンダムだ」
「の」が入れば「俺ガンダムだ」

 

と意味が変わってきます。という事はこの部分をはっきりとしゃべらないとその台詞の意味、内容が相手に伝わらないという事です。

 

もちろん少し流してしまっても前後の文脈や流れでどんな台詞だったのか、何を言おうとしたのか想像はつくでしょう。しかし声優はその台詞を正確に伝えるのが仕事です。ですので助詞にも注意を怠らずしっかりとしゃべるようにしてください。

 

これも助詞だけをしっかりしゃべるように意識しすぎると、そこだけが強調されて、不自然な台詞になってしまいます。

 

意識しつつも必要以上に強調されないよう気をつけましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止