声優>声優になりたいなら絶対にクラス代表になろう

声優になりたいなら絶対にクラス代表になろう




声優養成所はいくつかのクラスに分かれていますが、1クラスの人数はだいたい20人前後。この人数をまとめて相手にするのは大変です。

 

そのため養成所では生徒と養成所のやりとりをスムーズにするために、クラスの代表を決めるところがあります。学校でいうなら学級委員長。

 

やることは授業で使うプリントを取りに行ったり養成所からの伝言をみんなに伝えたり、授業の準備ができたら先生を呼びに行ったりなど。面倒を押し付けられる損な役回りに思えますが、実はそれ以上のメリットがあります。

 


クラスの代表になるメリット

クラス代表のメリットは養成所のスタッフや先生に顔を覚えてもらえること

 

養成所では入所の際のオーディションと同じく、自分をアピールすることが大切になります。代表になると養成所の事務局へ顔を出し、スタッフや先生と接する機会が多くなるため、いち早く自分の存在をアピールすることができます。

 

またそれだけでなく養成所からの評価がよくなります

 

養成所からの評価対象には当然演技の上手さがありますが、それだけではありません。その他に授業態度や普段の行動も見られています。そのため代表として頑張っている姿は間違いなくプラスになります。

 

養成所でも内申点

高校受験では内申点よくないとなど言われますが、養成所の内申点に関わるのがクラスの代表。

 

入所時の経歴(過去に演技経験があるか、養成所に通っていたか等)を考慮して予め代表が決まっている場合もありますが、立候補できる場合には是非やっておきましょう。

 

とはいえ、人をまとめるのは本当に大変ですので苦手な人が無理をすると逆効果の場合もあります。そんな時には無理せず、他のところでがんばりましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止