声優/学生>演技に役立つ学校の授業

演技に役立つ学校の授業




声優といえど役者、役者といえば演技です。

 

当たり前ですが演技が上手でないと声優にはなれません。どうすれば演技が上手な声優になれるかという事に対しては、一般的に本をよく読めと言われます。

 

そのため、学校の授業では当然ながら国語の授業が役立ちます。またこの本をよく読め、という事がなぜよく言われるのかというと、文章を理解する力、読解
力が身につくからです。

 


読解力以外にも役立つ国語の授業

そのため、ただ本を読めばいいという事ではなく、書いてあることをしっかり理解するようにしなければ意味がありません。分かりづらいところがあれば、何度も繰り返し読んでしっかりと内容を理解できるようにしましょう。

 

また声優になったつもりで物語に出てくる登場人物のセリフに感情を入れてみたり、自分ならどう言うか考えてみれば演技の練習にもなります。

 

こんなところを気にしてみれば国語の授業も楽しくなりますね。ただ一人の世界に入りすぎてニヤニヤしてしまうとおかしな人だと思われてしまいますので注意しましょう。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止