声優>マイナス思考に注意!あがり症を治す考え方と言動

マイナス思考に注意!あがり症を治す考え方と言動




あがり症の治し方として重要な事が考え方です。病は気からという言葉があるように気持ちや考え方は病気に対して非常に影響があるものです。

 

あがり症の人は物事をポジティブに考える事が苦手な人、マイナス思考の人が多く、自分で自分の可能性を狭めてしまっています。

 

 

あがり症を治す考え方

人前で発表する前には「失敗したらどうしよう」と考え、発表している最中にも「失敗しないように」と、失敗したら死ぬかのように失敗してはいけないという強迫観念に捉われています。

 

このように考えていると、ずっと悪い考えがとまらず悪循環に陥ってしまい、何もいい結果は生み出しません。まずはそのようなマイナス思考をやめるようにしましょう。

 

日本では古来から「言霊」という言葉もあるように、マイナスイメージの言葉を発すると、その影響でどんどん悪いほうへいってしまう事もあります。

 

事実こういったことはビジネス業界でも言われており、成功するためには成功するための考え方を知る必要があり、その考え方を鍛える所からはじめるところが多くあります。

 

 

マイナスの言葉は使わない

マイナス思考はやめ、マイナスイメージの言葉も使わないようにするだけで、人生自体も変わってきますので普段の考え方、発する言葉にも注意してみてください。

 

なんか宗教じみた話になってしまいましたが、考え方というのは単純だからこそ、そのあり方1つで全てが大きく変わってきますのでこの事を頭の片隅に入れておいて下さい。

 

声優になるためのあがり症の克服方法



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止