声優>声優になるのにあがり症が不利になる理由

声優になるのにあがり症が不利になる理由




あがり症であることはどのような問題が生じるでしょうか?あがり症での人は内気である人が多いです。

 

内気が先なのかあがり症が先なのかはわかりませんが、学校の授業で先生に「この問題がわかる人ー?」といわれても率先して手を上げる事はしないでしょう。

 

小さい頃はかわいいものでそんなに影響はありませんが、大人になるとそうも言っていられません。このあがり症/内気であるという事は常に問題になります。

 

 

声優とあがり症

受験や就職活動の面接などで、消極的では印象に残りません。印象に残るとしても暗い子なのかと思われてしまい、間違いなく悪い評価です。特に会社では他の人とのコミュニケーションも重要視されますので、そういった人は落とされやすいです。

 

あがり症は直せないものではありません。とはいえ簡単に治せるとは言いませんが、少しでも治せるようにがんばってみましょう。

 

一人で出来るあがり症の治し方



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止