声優>声優が声優事務所を辞めて独立する(個人事務所を作る)理由

声優が声優事務所を辞めて独立する理由




声優が声優事務所を辞めている…と思ったら自分で声優事務所を立ち上げていた。こんな事があります。

 

そんな事があると声優事務所と喧嘩でもしたのかな?と思ってしまうかもしれません。似たようなものですがちょっと違います。

 

声優が声優事務所に所属するのは、声優事務所に所属しないと仕事が貰えないからです。

 


声優事務所にギャラが引かれる!?

声優事務所は「声優に仕事を回す」仕事なので、声優がその仕事をした場合、ギャラから手数料をとります。このように声優事務所に所属していると、必ず手数料を取られてしまいます。

 

それなら、自分で声優事務所を立ち上げれば手数料が引かれずにギャラが全部自分に入ってくる!という事で今までの声優事務所を辞めて、自分で声優事務所を立ち上げるのです。

 

そういった意味では事務所と折り合いが付かずに喧嘩したともいえますが、大体はこんな感じです。

 

とはいえ、その辺の人が声優事務所を立ち上げてもやっていけるわけではありません。本当に力のある声優でないと独立してやっていくのは難しいです。

 

また、声優事務所側としては今まで世話してやったのにという思いもあるでしょうから、そういった確執もあり、必ずしも独立したからうまくいくわけではありません。

 

もちろん、それ以外の理由があるのかもしれませんが、参考までに。

 



 

 



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止