声優>声優と俳優の違い、それぞれの仕事

声優と俳優の違い、それぞれの仕事




声優は声でキャラクターを演じる仕事です。

 

しかし俳優の方々も役を演じるという仕事をしています。では声優と俳優と何が違うのでしょうか?

 


声優と俳優の違い

俳優は自分の姿が表に出て、自分の姿で役を演じます。声優の場合、表に出るのはキャラクターで、その裏から声を出しているので自分が表に出る事はありません。

 

実は昔は声優という職業はなく俳優の方たちがその仕事の一部として、今でいう声優の仕事をしていました。

 

昔はアニメのように映像に声をあてる仕事が多くなかったのでそれで事足りたのですが、その後アニメなどが増えたために、声優という専門的な職業が出てきたのです。ですので声優も俳優も役者という事に変わりありません。

 

 

声優=俳優=役者

このように元々同じものだったので、仕事内容はどちらも同じになります。俳優の方が自分の姿が直接映るので、目立つのが好きな人は俳優に興味を持ってみるのもいいと思います。

 

しかしここで「じゃあ声だけだから声優の方が簡単では?」と思ってしまう人もいるかもしれません。ところがそうではなく声優の方が難しいとさえ思います。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止