声優>演技練習前に行う正しい台本の読み方

演技練習前に行う正しい台本の読み方




台本をもらったら、しっかり演技ができるように台本を読み込むと思いますが、ここであせってはいけません。しっかりと演技を出来るようにするために、正しい台本の読み方がありますので覚えておきましょう。

 

それが「素読み」と呼ばれるものです。

 


素読みとは?

声優に限る言葉ではないので、芝居をしたり興味がある人はこの言葉を聞いた事があるかもしれません。

 

素読みとは、感情をいれずにただ台本読むことです。劇団の稽古などではここから始まるところも多いです。まずは淡々と書いてある文章を読んでいきましょう。

 

この素読みをすることで、その台本の流れが分かります。素読みをしないまま部分部分だけで演技を考えていくと、結局つじつまが合わなくなってしまうこともあります。

 

そうすると、それに合わせてまた演技を作り直すという手間がかかってしまいますので、まずは演技は考えずに台本を通して読んでみてください。

 

もちろんこの際に読めない漢字や分からないアクセントがあったら調べておきましょう。読解力が無い、文章の理解力が無いと言われる人はこの素読みが出来ていないのかもしれません。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止