声優>台本をもらったらするべきこと。演技・練習がしやすい台本に

台本をもらったらするべきこと




声優は貰った台本に自分がやりやすいように色々と書き込みをしていきますが、残念ながら台本は機械的に刷られていくので、声優が読みやすい、演技しやすいようになっているわけではありません。

 

その中で特に注意してほしいのは、各ページの最後にあるセリフです。

 


最後のページのポイント

何を気にしてほしいかというと、その最後に書かれている文章、次のページにまたがってはいないでしょうか?そうなっていた場合、読みづらくて仕方ありません。

 

小説なら別にページをめくって続きを読めばいいだけですが、その文章に合わせて演技をしなければいけない声優にとっては大きな問題です。演技がしにくいだけではなくペーパーノイズの原因にもなってしまいます。

 

運悪くそこが自分のセリフだった場合は最悪です。さてこんなときどうしますか?

 

次のページにまたがっている部分を前のページに書き写してしまいましょう

 

そうすれば、そこだけ変に意識してしまったり、読みながらページをめくったりする必要もありません。

 

また、最後に書いてある文章は1行だけで、次のページに何行も文章がつながっている場合には逆に次のページ頭に、前のページの文章を書くなど臨機応変に対応してください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止