声優>台本の覚え方。覚えるポイントと覚えられない場合の対処方法

台本の覚え方




台本を覚えなければいけない場合どうしているでしょうか?ひたすら繰り返して台本を読む、多くの人がそうしていると思います。しかし、中々台本が覚えられないという人もいるでしょう。

 

そんな人はどうすればいいのか?

 


台本覚えられない場合

練習量が足りていないだけなので覚えられるまでやりましょう

 

どうにか楽に覚えられる方法があればいいですが、そんな方法はありません。

 

ここで腑に落ちないのは人によって記憶力に差があること。中には少し見ただけですぐに覚えてしまう人もいます。しかし、だからといってどうすることもできませんので、覚えるのが苦手な人は練習しましょう。

 

一番早く覚えられるのは今ここを読むのを止めて練習することです。

 

声優養成所において

声優養成所でも暗記が必要になる授業はあります。そこで暗記するのが遅い場合、暗記ができない場合、この生徒は練習してないんだなと思われてしまいます。

 

これにはどれだけ練習したかは関係ありません。厳しいようですが、結果が出せなければ意味がありません。台本を覚えられないのは練習量が少ないせい。覚えられるまで繰り返して練習しましょう。

 

覚えるポイント

1つポイントがあるとすればその台本を好きになること

 

好きこそ物の上手なれというように、好きになり楽しいと感じることができれば自然と練習量が上がり、台本が覚えやすくなります。養成所の宿題や課題と考えてしまうと難しいですが、楽しんでやることを考えてみてください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止