声優>声優業界のギャラシステム、ランク制とそのデメリット

声優のギャラシステム、ランク制とそのデメリット




声優のギャラについてお話ししましたが、その中でランクという言葉が出ましたのでそのランクについてふれてみたいと思います。

 

以前お話ししたように、このランクは日本俳優連合で決められているもので、ランクが上がるとギャラが増えます。

 

ではどうやってランクがあるのかというと、演技が上手い下手は関係なく登録されてからの年数によって。そのため業界にいれば自動的にギャラが上がるのですが、実はこれが声優が苦労する点になっています。

 


ランクがあがると仕事がなくなる?

特に大変な思いをするのが、デビューしてから何年か経っている人。なぜかというと、演技が下手でもギャラがあがってしまうから

 

ギャラを出してくれる依頼主=アニメの制作会社もいくらでもお金を使えるわけではありません。演技が上手であれば少しくらいギャラが高くても使ってもらえますが、そうでない場合、当然使われなくなってしまいます。

 

このため、それまで順調に仕事が来ていたとしても、ぱたりと仕事がこなくなってしまうなんていうこともよくあります。これが声優業界で生き残るのが難しい理由の1つにもなっています。

 

声優になりたい人はたくさんいますので、ちょっと仕事をもらえるようになったからといって精進を怠ると、すぐにいられなくなってしまうのが声優業界。経歴が長くなればなるほど、生き残るのが大変になってくるというなんとも不思議な業界です。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止