声優>高いと言われるナレーションのギャラ

高いと言われるナレーションのギャラ




声優のギャラの中でも高いと言われるナレーション。

 

高い高いと言われると期待を持ちすぎてしまうかもしれません。実際にはどのくらいのギャラが発生している、声優と比較してどうなのか気になるところです。

 

アフレコ、ナレーションともに新人で比較してみます。

 


ナレーションの仕事とギャラ

CMナレーションではありませんがテレビのナレーション。放送時間が長いものでは無いので、仕事量も多くありません。

 

ページにすると数ページ。
収録時間でいうとものの数十分。
ギャラ20000円弱。

 

このギャラをみてどう思うでしょうか?ナレーションが高い高いと聞いていた人は安いと思ってしまうかもしれません。アフレコの仕事を考えてみましょう。

 

 

アニメの仕事とギャラ

ページ数10ページ以上。
収録時間3時間前後。
ギャラ15000円。

 

拘束時間を考えるとナレーションの方がはるかにいいです。アフレコのページ数は多いですが実際に喋る分は持ちキャラ分だけですので、喋る量は変わらないとしても、アフレコでは絵にあわせたり、周りに合わせたりしなければいけません。やりやすさを考えてもナレーションに分があります。

 

もちろんこれはあくまで一例、ナレーションの中でもそんなにギャラがよくないものもあります。

 

また、声優になりたい人はアニメのアフレコをしたい人がほとんどだと思うので、大変でもアフレコの方がいいという人がいるでしょう。ただもしナレーションの話がきた場合には積極的にいきましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止