声優>滑舌に悪影響?気をつけるべき歯並びと歯列矯正のタイミング

気をつけるべき歯列矯正のタイミング




声優になりたいという人の中で、歯並びを気にされる方がいます。あまりにも歯並びが悪い場合は、発声に影響が出る場合もありますが、実際にはそこまで気にしなくていいケースがほとんどです。

 

とはいえ、歯並びが悪いと見た目が悪いので歯列矯正をしようと考えている人もいるでしょう。それは構わないのですが、声優になりたい人はそのタイミングに気をつけてください。

 


歯列矯正のリスク

歯列矯正を考えている人はわかると思いますが、矯正では歯の回りにワイヤーを巻きつける事になります。小学校のときなど、回りにそういった矯正をしている友達はいなかったでしょうか?

 

見た目だけでは分からないかもしれませんが、あれは表だけではなく歯の裏側にもワイヤーがついています。これがどういう事かというと、裏側のワイヤーが舌の動きを妨げとても喋りづらくなってしまいます

 

矯正をして結果的に歯並びがよくなり、滑舌もよくなるかもしれませんが、声優としてはこの矯正期間中のデメリットは非常に大きな問題です。

 

 

矯正のタイミングに注意

矯正は1年以上かかることも多いので、その期間内に養成所に通う予定だったり、舞台にでる予定があったりする場合には十分注意しましょう。

 

またそういった予定がなかったとしても、声優業界の仕事は本当にいつ何があるかわかりませ。急にいい話が転がり込んできたのに、矯正期間中でうまく喋れないため仕事を断ってしまっては本末転倒です。

 

歯列矯正する場合にはこういったリスクがあることをしっかり頭に入れておいて下さい。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止