声優>演技ができても顔がよくないとダメなんでしょ?という人へ

顔がよくないとダメなんでしょ?という人へ




顔がよくないと声優になれない?というよくある質問について以前書かせていただきました。

 

そこでは声優は演技をする仕事なので顔は関係ないという無難な話でまとめましたが、ここではもう1歩踏み込んでお話ししましょう。

 


声優が顔がよくないとダメ?

演技が上手ければ顔は関係ない、これは嘘でもなく間違いなく事実です。ではなぜもう一歩踏み込んでここに書いたかというと演技力が同じレベルの場合どちらが選ばれるか?

 

勿論だから顔がよくないといけないわけではありません。もし、歌唱力や他の部分でテストがあった場合には、それらが上手な方が選ばれるでしょう。

 

しかしそれらも同じレベルで甲乙つけがたい場合、そのときには顔で判断されるかもしれません。そういった意味では顔がよくないとダメというのも間違っていないのかもしれません。

 

 

演技が上手ければいい

ですので声優を目指すのであれば、顔のよしあしなんてどうでもいいと思わせるくらい上手な演技をできるようにしましょう。また歌が上手であるということも他と差別化をはかれますし、そのほか得意な事があるにこしたことはありません。

 

声優養成所などで声優以外の授業は声優に関係ないからと思う人もいますが、せっかく時間を使うのですから、時間を無駄にしないためにもそこから学べることはしっかり学んでおきましょう。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止