声優>視力が悪いと声優になれない?コンタクトよりメガネがいい理由

視力が悪いと声優になれない?




声優好きな人はアニメ・ゲーム好きな人が多いと思うので視力が悪い人が多いのではないでしょうか?私含めて知り合いに視力が悪い人が多いだけかもしれませんが。

 

さて視力が悪いと声優になれないのでは?おそらくこんな疑問を持つ人はいないと思いますが、視力は声優の仕事に多少関係してきます。

 


視力が悪いと声優になれない?

実際アフレコをする際は、やはりマイクの位置とテレビ(声をあてる映像を写すモニター)の位置は近いとはいえません。といっても遠いわけではないですが、目が悪い私からするとこんな表現になります。

 

そのため視力が良いに越したことはありません。しかし、別に声優はメガネをかけてはダメとかそんな制限はありませんので気にしなくてもOKです。ただコンタクトの人にはちょっと注意点があります。

 

コンタクトの場合、急にコンタクトの調子が悪くなる事があります。アテレコは一度始まると中断できないません。もし中断するとまたはじめから録り直しという事になります。

 

 

アフレコで間違えると…

アフレコでは誰かがミスをしたらやり直しになりますが、やり直しの理由がコンタクトが調子悪くて台本が読めなかったではとても迷惑です。

 

今までコンタクトで調子が悪くなった事がないという人でも、いつ調子が悪くなるかわかりません。声優養成所でアフレコの実習がある場合にはメガネの方が無難です。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止