声優>夜中でもできる発声練習方法、自宅でタオルを使わない防音方法

声優>夜中でもできる発声練習方法




前回声をおさえる方法をご紹介しましたが、わりと有名な練習方法だと思いますので知っている人も多かったと思います。

 

前回と別に、目新しい方法ではないのですが、役に立つかな?というやり方がありますので一応何点かご紹介しますが、前回も同様ですが、あまりまじめに聞くような内容ではないのでさらっと見ていって頂ければと思います。

 


声を抑える方法

前回は、口にタオルを当てるという方法でしたが、そうすると片手でタオルを持って片手で台本を持たなければならないのでちょっと大変です。

 

なので、もし練習するセリフを覚えていたり、台本を見なくてもできる滑舌練習をしたりするのであれば、布団の中にもぐって練習しましょう

 

防音を考えた練習としては中々いい方法なのですが、いかんせんデメリットがあります。

 

布団にもぐっていると変な体勢で声を出す事になりますので変な癖がついてしまうかもしれないという事です。なのでちょっと声を出したいだけならいいですが長時間はやめた方が良いかもしれません。

 

また冬ならともかく、夏場は熱くて練習どころではなくなってしまいますし、ヘタしたら酸素不足で危険な状態になってしまいます。この方法を使う場合にはそういった事に十分注意してください。



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止