声優>悪い癖がつく夜中の発声練習の問題と注意

夜中の発声練習の問題と注意




声優の練習というのはとにかく声を出さないとはじまりません。とはいっても夜中だったりすると、なかなか思うように声を出すことも難しくなってしまいます。

 

実は夜中の練習の際、知らず知らずのうちに悪い癖がついてしまうような練習になってしまっている人がいます。これは何のためにもならない、むしろ練習すればしただけマイナスになってしまうのでその問題点をお話します。

 


夜中の発声練習の問題と注意

気をつけて欲しいのは神経質な人。

 

声を出して練習する事になりますので、近所迷惑にならないかを考えて練習すると思いますが、これが仇になってしまいます。

 

発声する際、声を出すと近所迷惑になると考えてしまっているあまり、自分ではそうしているつもりはなくても、無意識に普段よりも声をおさえてしまう場合があります。

 

周りの事を考えた上では良い事なのですが、自分にとってはとんでもなく悪いことです。ちなみに特に顕著なので夜中なので書きましたが、夜中でなくてもこのようになってしまっていることは十分に考えられます。

 

これがどんな悪影響をもたらすかについては引き続きこちらでお話してきたいと思います。



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止