声優>映画「マン・オブ・スティール」吹き替え声優キャスティングに対する反応

マン・オブ・スティール吹き替えに対する反応




元のニュースはこちらへ

 

プロ声優の起用にこだわり。『マン・オブ・スティール』日本語版キャストが発表

 

スーパーマンの新作『マン・オブ・スティール』の「プロの声優にこだわった」というキャスティングに賞賛の声

 

最近の映画では珍しく、洋画の吹き替えにタレント・芸能人を起用せずに、声優だけで構成されているというもの。

 


キャスティングの問題

記事タイトルだけ見ると、キャスティングする人がプロの声優にこだわったように書かれていますが、制作側のコメントが書いてあったわけではありませんのでその真意はわからず。

 

ただこの結果をみると、そういう意図はあったのかもと思えます。

 

吹き替えにタレントなどが出るという事は昔からありましたが、最近は特に顕著になっていたのでこういったものを見ると嬉しくなります。

 

実際にこのキャスティングが発表されたあとのネット上でよくやったという賞賛の声が数多くありました。やはり話題性だけの芸能人の起用を快く思っていない人もいるということですね。

 

もちろん芸能人でも役に合っている人や上手な人はいますので全員がダメというわけではありませんが、餅は餅屋、基本的には声優を使って欲しいです。



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止