声優業界、声優に求められる人材の変化(2015)

声優業界の変化




月日が経つにつれ声優業界も変化しており、その変化を感じている人も多いと思います。昔と変わったのはやはりメディアへの露出、いわゆる「顔出し」が増えたこと。

 

今となってはもう当たり前のようなことですが、昔は声優がメディアに顔を出すことはほとんどありませんでした。

 

今のようにインターネット等の環境が無かったこともその原因の1つだと思います。もちろん、顔出しが悪いことではありません。

 

ただし、「アイドル声優」という言葉が出てきてから流れは大きく変わってきたように思います。

 


声優に求められるものの変化

昔は見た目が重視されていたり、それに加えてCDを出したりすることはそこまで多くありませんでした。そのため、そのような活動をする声優をいい意味でも悪い意味でも「アイドル声優」と呼んでいたのだと思います。

 

今でこそアイドル声優という言葉は聞きませんが、なぜ聞かなくなったのか?それはアイドル声優が当たり前になってしまったからだと思います。

 

どういうことかというと、声優は容姿端麗であった当たり前。

 

声優になるための要素に演技だけではなく、容姿が必要になってきたという事です。

 

今あるものをよく見せる

アイドル声優が出た当初は否定的な意見や、声優の仕事は演技なのでそのうち廃れるだろうという意見もありました。

 

しかし、現状はそうではありません。

 

そして、声優業界がそうなっているという事は、声優を目指している人は容姿についても視野に入れて動いていかなければいけないという事になります。

 

かといって自分を変えることはできません。整形するというのも馬鹿らしいと思います。

 

考えなければいけないのは、どうすれば自分をよく見せられるか?

 

演技の勉強は当然として、ここにも力を入れていく必要が出てきます。写真の撮り方や見せ方が違うだけで、同じものでもよく見えたり悪く見えたりしますので、そういった工夫が必要になってくるということです。

 

自分をよりよく見せる方法を模索していきましょう。



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止