声優業界で働く!アフレコスタジオへの就職・求人の探し方

アフレコスタジオへの就職・求人の探し方




声優が好きで声優業界で働きたいと考えたことがある人もいるのではないでしょうか?以前触れましたが声優に1番近いのは声優事務所の仕事です。
>>声優業界の仕事、声優事務所への就職・転職方法

 

その他に、パッと思いつくのは声優に近い仕事には声優の仕事場となるアフレコスタジオの仕事があります。

 

ただ調べたことがある人は分ると思いますが、求人サイトでアフレコスタジオと調べても中々出てきません。元々求人が多い職種ではないということもありますが、それとは別に探しにくい理由があり、見つけるには少し工夫が必要になります。

 


「アフレコスタジオ」は存在しない?

そもそもアフレコスタジオとは何なのか?

 

声優が仕事=アフレコをするスタジオがアフレコスタジオと呼ばれていますが、アフレコしかしないというスタジオはほとんどありません。

 

アフレコ以外にもゲームやナレーション、その他音楽の録音など、音に関する業務を全般的に扱っているのがスタジオであり、アフレコはあくまでその中の業務の1つ。

 

つまりアフレコもできるスタジオのことを便宜上アフレコスタジオと呼んでいるだけ。アフレコスタジオで仕事をしたいからと「アフレコスタジオ」で検索してもなかなか見つからないのはこのためです。

 

*音全般を扱うことからこのようなスタジオはMAスタジオ(MA=マルチオーディオの略。声に出すときはエムエースタジオ)と呼ばれることもあります。

 

アフレコスタジオの探し方

というわけでアフレコスタジオに就職したい人は、まず音声収録をしているスタジオを探して、そこがアフレコもできるところか確認するという流れになります。

 

求人サイトなどで探す場合には以下のようなキーワードで検索してみましょう。

 

  • 音声(音声収録、音声編集)
  • スタジオ(MAスタジオ)
  • 音響

 

候補がたくさん出てくる場合には、声優、アニメ、ゲームのキーワードと組み合わせてさらに絞り込んでみてください。

 

声優事務所もチェック

声優事務所には自社スタジオを持っているところもあり、そこでスタッフを募集していることもあります。そのため求人サイト以外にも声優事務所の公式サイトなども合わせて確認してみましょう。

 

ちなみに

実際に使っているスタジオのスタッフや声優がその仕事場をアフレコスタジオと呼ぶことはほとんどありません。多くのスタジオはいくつも部屋があるのでスタッフの場合は「〇番スタジオ」や「Aスタジオ」など、声優さんが呼ぶ場合には単純に「スタジオ」と呼ぶことが多いです。

 

なぜアフレコスタジオと呼ばれているのかについて、便宜上と書きましたが、例えば他の業界、楽器演奏や写真撮影をするところもそれぞれスタジオと呼ばれますので、スタジオと呼んだだけではどれを指しているかわかりません。

 

そのため、外部の人(ファンやメディア上で説明する場合など)のわかりやすさを考慮して、アフレコスタジオと呼んでいるのではないかと思います。

 



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止