声優>肺活量を鍛えるパワーブリーズの滑舌がよくなる使い方?

滑舌がよくなるパワーブリーズの使い方?




肺活量を鍛えるパワーブリーズというトレーニンググッズについての感想を書きましたが、使っていてちょっと思ったことがありますので書いていきます。

 

どちらかというと既にパワーブリーズを使っている人向けかもしれませんが、まだ持ってない人も参考にして下さい。

 


面倒だったので間違って使ってみた

パワーブリーズの使い方は「咥えて30呼吸する」、時間にすると数分で終わるというもの。ただ、考えるのが面倒だったので負荷を一番弱くした状態でアニメを見ながらしばらく使っていたところちょっとした発見がありました。

 

パワーブリーズを咥える時には、ずれないようにでっぱりを歯で噛むようになっています。

 


*赤丸の箇所

 

ここを長時間をずっと噛んでいたので、ちょっと表情筋が疲れた…つまりパワーブリーズを使うことで表情筋の筋トレになったということです。

 

考えてみればずっとでっぱりを噛んでいる=滑舌棒を使っているのと同じです。ただ、滑舌棒は奥の方で噛むのに比べ、パワーブリーズは前歯で噛んでいるので鍛えられる位置は異なりますが、表情筋が鍛えられることに間違いありません。

 

 

肺活量も滑舌も鍛えられる

本来の使い方から外れて、あえて負荷を弱めにして長時間使うことで肺活量と表情筋が同時に鍛えられます。

 

推奨するわけではありませんが、興味のある人は試してみてください。もちろん時間のあるときとない時で使い分けるのもいいと思います。

 



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止