声優>読解力をつける、台本の理解力を高める方法

読解力をつける、台本の理解力を高める方法




声優になるには読解力が必要だ、そのためにはまず本をたくさん読めといわれます。これを聞いて、なんだ本を読むだけでいいのか、または本を読むだけで本当に読解力がつくのかと疑問に感じる人もいるでしょう。

 

本を読む事も大切ですが、それだけでは足りませんので読解力をつけるいい方法をご紹介しましょう。

 


読解力とは何か?

まず読解力とはなんでしょう?wikipedeliaを見てみると文章などを読み解く能力とありました。

 

ではこの文章を読み解く能力をつけるにあたってどうすればいいのかというと、読んだ本の内容をまとめて書きだしましょう。

 

うまくまとめられればそれはその文章をしっかり理解できていたという事ですし、できなければそれは理解が足りなかったという事です。その場合はうまくまとめられるまで読み返してください。

 

 

読み返すポイント

まとめたて上手くできたと思っても、一日空けて読み返してみてください。書いたばかりだとできていると思えたものも、時間をおいて冷静に読み返してみると、しっちゃかめっちゃかな文章になっていることも多いです。

 

正直学校の勉強のようで面倒くさい方法ですが、自分でまとめたものを文章に起こすという作業はこれは表現力の向上にもつながります。

 

読解力・理解力をつけたい人は是非試してください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止