声優>読解力をつけるには?読解力を鍛える本

声優>読解力を鍛える方法、本




読解力をつける方法を書きましたが、読解力をつける本を見つけたのでご紹介させていただきます。

 

本のタイトルは「わかったつもり」。

 

 

タイトルが面白いですね、できている「つもり」になっているのが問題だという事。演技をする人の中にもこの「つもり」の人がいます。演技ができているつもり
「つもり」は実際には出来ていないという事です。

 

演技ができているつもりでは人に伝わらないのはもちろん、自分はできていると思っているためそれ以上練習しなくなってしまい、自分の上達も妨げてしまいます。
そのため、この「つもり」はとても大きな問題です。

 

声優になりたい人でなくても、ほとんどの人は本を読めば困らないくらいにその内容が理解できます。特に、声優を目指している人は演技の勉強をしているから自分には読解力があると思いがちです。

 

読解力は問題ない、後は自分の表現力の問題だからその技術を身につければ演技ができると。これはこの本が問題としている「読解力があるつもり」になってしまっているのかもしれません。

 

そしておそらく、ほとんどの人がこう考えてしまうため、わざわざこういった本に手を出す人はいないと思います。だからこそ、他の人より一歩先へ行くために読んでおいて欲しい一冊です。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止