声優>器用貧乏は仕事がない?声優として生き残れない人の特徴

声優として生き残れない人の特徴




声優という仕事を続けるにあたっては大変な事がたくさんあります。まずオーディションに合格し仕事を掴み取るのが大変ですし、そこでやっとスタートライン。

 

さらにその現場でいい演技をし評価を上げておかないと生き残ることは難しいです。その作業を延々と繰り返すわけですから、ここだけ考えると改めてとんでもない仕事ですね。

 

ここで、そんな声優として一番使われないのはどんな声優かを考えてみましょう。なにか頭に思い浮かぶでしょうか?逆に一番使われるのはどんな声優を考えると簡単かもしれません。

 


使われる声優と使われない声優

単純に何でもできる人です。
これに異論がある人はいないでしょう。

 

ではその逆は、何にもできない人が使えない声優といえるでしょうが、それでは当たり前すぎますね。一番使えない声優はというと起用貧乏な声優です。

 

どんな業界でも同じかと思いますが、なんでも完璧にできればいうことありません。しかし、なんでもそれなりにしかできない場合は非常に使いづらいのです。

 

特に声優の場合、ギャラがランク制という事もあり起用貧乏なままでいると、すぐに仕事が来なくなってしまいます。

 

声優としてやっていきたいのであれば、自分の売りがなんなのか考え、その長所を伸ばしていきましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止