声優>アフレコ現場を考えた気をつけるべき台本の読み方

アフレコ現場で気をつける台本の読み方




声優になろうと思っている人で自分は乾燥肌だなと思う人はいるでしょうか?

 

肌の具合なんかなんなんだと思うかもしれません。しかしまさかとは思うかもしれませんが実は声優の仕事、アフレコ現場ではこれが関わってきます。

 


アフレコ現場できをるけること

アフレコ現場ではノイズを出す事は厳禁ですが、その中でペーパーノイズと呼ばれるものがあります。

 

聴いた事がある人もいると思いますが、その名のとおり紙が出すノイズの事です。声優の仕事で使われる紙といえば台本ですね。

 

 

ペーパーノイズはどういう時に発声する?

ではこの台本がどういう時にノイズになるのかというと次のページにいくとき、台本をめくるときにその音がノイズになってしまいます。

 

乾燥肌に限りませんが、なかなかうまくページがめくれずに、マイクにノイズがのってしまうとそれだけで録り直しになってしまいますので、台本を読むときにはペーパーノイズを出さないページのめくり方も研究しておきましょう。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止