声優>なまりや言葉は武器になる!学校で学ぶ声優に役立つ勉強

学校で学ぶ声優に役立つ勉強




声優になるには、台本を読み解く力読解力が必要になりますので国語力が必要だというお話をしました。もちろん、学校で学べることはまだまだあります。

 

声優を目指している方で地方出身でなまりがある人もいると思います。それについてはこちらで触れていますがなまりは直さなければいけません。

 

しかし、時としてなまりは武器になります。それは演じるキャラクターには地方出身といった設定のキャラクターが入っていた場合。その場合は、当然そのなまりが喋れる人に役を任せたいと思うからです。

 


声優になるには「武器」を持て

さてここで、学校で学べる声優に役立つ勉強というテーマに戻ります。なまりは武器になりますが、学校でなまりを教えている事はありません。しかし、どこの学校でもある言語の授業が行われています。

 

英語の授業です。

 

英語が得意だという人はそうそういないと思いますのでがっかりした人もいるかもしれません。しかし英語を喋るキャラが出てくるアニメを見た事があるはずです。

 

アニメで洋画の吹き替え等であれば、吹き替えで日本語をあてるにしてもその英語力は役に立ちますし、そういった場合英語ができる事は大き武器になります。

 

 

言葉は声優の武器

皆さんも好きなアニメで外人キャラが外国語を喋っているのに、それがどうにもカタコトだったらがっかりしてしまうでしょう。また、英語は学校で皆が習いますが、英語以外の言葉が喋れるようならさらに強い武器になります。

 

声優だからといって普段の学校での勉強が役に立たないなんてことはありません、社会や科学の知識など知っていることは多いに越したことはありませんので、普段から何事も勉強だと思い時間を無駄にしないようにしましょう。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止