声優はサービス業?声優に必要な営業力とコミュニケーション力

声優に必要な営業力とコミュニケーション力




声優の仕事というと一般的な会社員の仕事とは大きく違うと考えている人がいるかもしれません。しかし、やる事は違ってもその本質は変わりません。

 

声優の仕事は監督に求められた演技をする事。これは営業でお客様さんが求めているサービスを提供する事と同じです。

 


声優はサービス業?

営業であれば相手はお客さん。
声優であれば相手は監督など。

 

どちらの場合でも相手の求めているもの、満足のいくものを提供する仕事です。その仕事の中で大切な事が相手が何を求めているかを理解すること。

 

 

「理解する」ということ

これはただ単に相手の話を聞けばいいという事ではありません。むしろ、それだけだと上手くいかないケースもあります。

 

それは、監督の中でイメージできていても、それを言葉で上手く表す事ができておらず、伝えていることそのものがあやふやであったり、間違っていたりする事があるからです。

 

そんな時どうするか?監督が言っている表面的な言葉ではなく、監督はその作品で何を伝えたいと思っているのか?その作品をどんなものにしたいと思っているのか?心の内を考えてみましょう。

 

そう考えることで、言葉だけでは分からなかったものが見えてくる事があります。声優は営業マンである。興味があれば営業マン向けの本を読んでみるのも面白いかもしれません。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止