声優>小さくまとまらない、演技の幅を広げる方法

小さくまとまらない、演技の幅を広げる方法




上手な演技をするためのコツとして自分の想像よりも何倍も大げさにやるという事をご紹介しました。

 

この大げさな演技については、本当にやりすぎなんじゃないかと思ってしまうくらい本当に大げさにやって欲しいのですが、大げさにやらないと相手に伝わらないという他にも演技に対してメリットがあります。

 


初心者にありがちな演技

演技初心者にありがちなのが、大きく演技ができない=小さくまとまってしまう、こじんまりして面白みがないということです。心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

 

この問題を解消するためにも大げさに演技をするという事が大切になります。

 

 

大げさな演技のメリット

小さな演技しか練習していないと、演技の幅がその小さい範囲だけになってしまいますが、大げさな演技ができるようになれば、小さい演技から大げさな演技まで自由に調整できるようになります。演技の幅が広がるということですね。

 

大は小を兼ねるという言葉がありますがその通りです。大きな演技ができれば小さい演技もできますが、小さい演技しかできない人は練習しておかないと大きな演技をする事ができません。

 

もちろん大げさな演技を意識するあまり、本当にやりすぎになってしまう事もありますが、まずはおもいっきり大げさにやってみて下さい。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止