声優>滑舌をよくする表情筋の鍛え方、本番前の準備運動にも

滑舌をよくする表情筋の鍛え方




滑舌練習の1つの方法として笑顔を作ることをご紹介しています。この理由は、笑顔を作ることによって表情筋が鍛えられ、それが滑舌に役立つからです。

 

ここではまた別に表情筋の鍛え方をご紹介していきます。

 


表情筋の鍛え方

梅干しを食べた時の「酸っぱい!」となる表情を想像して下さい。顔のパーツが中心によるようなイメージです。これを大げさにやりましょう。顔がくしゃくしゃになる感じです。

 

その状態を数秒間維持したら、次は逆に顔のパーツが外に向かうような感じで顔を引き伸ばしましょう。口を大きく開け、おでこにいっぱいシワを作るように目を思いっきり開いてください。これも数秒間維持します。

 

笑顔を作った筋トレと反対に、これは顔を柔らかくするストレッチになりますが、この動作を何回か繰り返すことで表情筋が鍛えられます。

 

これも簡単にできるほか、顔の緊張を解す効果もあるので本番や発声練習の前にこれを行う人も多くいます。実際に声優養成所での発声練習の前にこの練習を行なっていました。

 

手軽にできるもの

簡易的ですが、顔全体を使わなくても口を大きく開いてすぼませての繰り返しだけでも効果はあります。芝居前に口元を抑えて何かしている人がいたら、人目につかないようにこの簡易版で顔の緊張を解し、発声しやすいよう準備している人の可能性があります。

 

それくらい有名で効果があることなので、発声の前には是非やってみてください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止