声優>母音を大切に。滑舌が悪い原因と滑舌をよくする台本の読み方

滑舌が悪い原因と滑舌をよくする本の読み方




普段色々な題材を使い、滑舌練習をしていると思いますが、それらをつかってさらに滑舌をよくできる方法があります。

 


滑舌が悪い原因

滑舌が悪い人の原因の1つとして、

 

母音がはっきり言えていない

 

という事があげられます。

 

母音というのは「あ、い、う、え、お」のこと。何を喋るにしても、この母音が基本になっているので、母音がしっかり言えていないと何を言っているのかわかりづらくなってしまいます。まずは母音をしっかりと言えるようにしましょう。

 

母音の練習方法

わざわざ新しい題材を用意する必要はありません。今使っている題材どれでもいいので、その文章を母音だけで読んでみましょう

 


あめんぼ赤いなあいうえお

 

 

あえんおああいああいうえお

 

という感じです。
この練習をすることで、自分がどの母音が弱いのかの確認もできますので、弱いところが確認できれば今度はそこを重点的に練習していきましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止