声優>滑舌を良くするおすすめの練習台本

滑舌を良くするおすすめの練習台本




声を出すということは口の周りの筋肉を使うということ。苦手な言葉があるということは、その言葉を出すために使う筋肉が弱いということです。

 

筋肉が弱ければ行うべきは筋トレですが、やればやるほど筋肉がつくため同じメニューではだんだん楽になってきます。そのためもっと鍛えるために、回数を増やしたり負荷をかけたりと工夫をする必要が出てきます。

 

というわけで、滑舌練習も今やっている題材に慣れたらどんどん難しいものに挑戦しましょう。

 


何をすればいい?

単純に難しい滑舌練習の本を買うのもいいですが、他にもいい方法があります。普段使わないような言い回しの多い文章を読むこと。古典や古い小説などです。

 

普段練習しているものはおそらく日常的に使う言葉ばかりでしょうから、多少苦手なところがあっても少し練習すればすぐにしゃべれるようになります。

 

しかし、古典や古い小説などでは、普段使わない言葉や言い回しが多く出てきます。もちろんその分苦労しますが、それだけいい練習になるということ。また、今では使われない言葉が出てくるので勉強になります。

 

もし今使っている滑舌練習の本に飽きて別の練習本を探している時には、候補に入れてみてください。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止