声優>声優検定試験応募・受験の注意事項

声優検定を受検する場合の注意事項




声優検定について受験する人には1つ注意があります。それは声優検定と調べると2つ出てくること。

 

同じ検定が2つ、ということは普通は考えられません。一体どちらが正しい声優検定なのか、そしてどちらを取っておけば役に立つのか?

 


2つの声優検定

1つは以前紹介した声優検定

 

最初にこちらを見つけたので紹介したのですが、サイトの中に商標権を侵害しているサイトが多々見られますという注意文がありました。

 

そのため、声優検定で調べてみたところ出てきたのがこちら⇒声検 声優能力検定

 

このサイトのトップページには以下のような記載があります。

 

「声優検定」は日本声優能力検定協会の商標登録です(登録番号第5361254号)
「声検」は日本声優能力検定協会の商標登録です(登録番号第5097055号)
「声優検」は日本声優能力検定協会の商標登録です(登録番号第5290795号)

 

こっちはこっちで自分が本当の声優検定だとアピールしているような状態。

 

どっちが正しい?

こうなるとどっちが正しいのか分からなくなってしまいますが、実は誰でも商標が確認できるJ-Plat Patというサービスがあるので調べてみました。

 

声優検定の登録番号は5254597】。

 

というわけで「声検 声優能力検定」についてはなにか怪しい…。

 

合格した場合の違い

上記の商標の件を抜きにしても、声優検定の方は合格者から声優デビューした人がいたり、合格者を声優養成所に推薦したりするとその後のことまで考えられています。

 

声検もサイトで合格した場合のメリットを挙げていますが、自信になります、自分の実力が分かります、証書がもらえます、認定カードがもらえますという4つ…。

 

もし受けるのであれば、以前紹介した声優検定の方がよさそうです。

 

ちなみに声優検定の方がいいと考える理由として、このサイトを見つけたのがインターナショナルメディア学院(声優養成所)の公式サイトだったということもあります。

 

ただし、前にも書いたように、正直どちらもあまり必要ないと思います。見つけたので書いただけで決しておすすめしているわけではありません。



 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止