声優>声マネをしているとのどを壊す!その理由と原因

声マネをしているとのどを壊す、その原因




モノマネに引き続き声マネについてお話になります。モノマネとほぼ同じようなものですが、特に声に焦点をあててみると、また違った注意点があります。

 

声マネはようするに声を真似て、声を似せて発声するという事になります。

 


声を作る、似せるということ

声を作るということは、自分ののどや声帯に負荷をかけているということです。そういった無理な発声、声マネを続けていると当然喉を壊してしまいます。

 

若干大げさになってしまったような気がしますが、モノマネでも触れたように遊びでちょっとやる分にはかまいません。また自分と似たような声質の声優さんの声マネをするのであれば、特に問題ないでしょう。

 

ただしそれでも負荷をかけているには違いありません。

 

 

声優になりたいなら自分の声を大切に

声優になりたい人によくあるのは、自分の声が嫌いだとか、もっとあの人みたいな声が出したいという願望です。心当たりは無いでしょうか?

 

そのように、自分の声が嫌いだから、もっと出したい理想の声があるからと無理にそういった声で演技などしていると、喉を壊し声優になる事自体できなくなってしまうかもしれませんので、気をつけてください。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止