声優>声優になるために治しておきたい癖

声優になるために治しておきたい癖




声優のメインの仕事、アテレコではノイズを出す事は厳禁です。

 

そのため台本をめくるのにも気を使わなければいけませんし、服装にも気をつけなければいけません。しかし、これらが出来ていても普段何気なく行っている癖によってノイズを発生させてしまうことがあります。

 


声優と癖

例えば鼻が詰まっているわけでもないのに鼻をすすったり、指をポキポキならしてしまったり、肩や首を動かして大きな音を鳴らしてしまったりなど。

 

録音スタジオのマイクというのはカラオケにあるようなマイクと違い、こういった仕事用のいいものが使われており、きれいな音で取れるのはもちろん、小さな音もしっかり拾うようにできています。

 

そのためこの程度なら問題ないだろうと思うような小さな音でもそれが原因で録り直しになってしまう事があるのです。

 

自分が録り直すだけならまだしも、ノイズが入ってしまったシーンを取り直すために他の声優さんを巻き込んでしまう可能性もありますので気をつけなければいけません。

 

 

声優の邪魔になる癖

とはいえ何も癖がないという人は少ないと思いますが、問題はその癖によって音=ノイズが発生するかどうかです。

 

そういった癖がないか、自分の癖について考えてみましょう。自分で自覚がない場合もありますので、人に聞いてみるのもいいでしょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止