声優>変な癖を付けない正しい発声方法

変な癖を付けない正しい発声方法




声優の練習というと、滑舌や演技の練習を考える人がほとんどだと思いますが、実はそれ以前に大切になるのが発声の仕方です。

 

喉を痛める理由でも発声について触れましたが、正しい発声ができていないと喉を痛めてしまううえ、ぬけの悪い、とおらない声になってしまいます。

 

そのため滑舌練習をはじめる前に、正しい発声を覚えて頂きたいのですが、残念ながら当サイトでは発声については力になれません

 


発声についてアドバイスできない理由

声優の練習本などで書いてあると思うのでそれらを参考にしていただいてもいいのですが、文章だけではその発声があっているかどうか分からず、それが正しいか確かめる方法がありません。

 

そうすると練習すればするほど、間違った発声を覚えてしまうということになります。

 

前にも書きましたが、発声については私自身が特に苦労した部分なので皆さんにも同じようになって欲しくないからで、決して意地悪をしているわけではありません。

 

 

発声は人に【直接】教えてもらおう

では発声を学ぶにはどうしたらいいのかとなりますが、直接人に教えてもらってください。養成所に通っているのであれば先生に、そうでなければ近くにボイストレーニングの教室があるか探してみましょう。

 

先生に直接教えてもらえば正しい発声を身に付けることができるでしょうし、そうすれば声優の練習も捗ります。

 

とはいってもどうしても独学で練習してしまう人もいると思いますが、その場合はちゃんとした本をよく読み、正しい発声がどういうものなのかしっかりと知るようにしてください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止