声優>養成所で行った発声、「アメンボ赤いなあいうえお」の練習方法

「アメンボ赤いなあいうえお」の練習方法




前に紹介した「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と同じくらい発声練習でよく使われるものが「あめんぼ赤いなあいうえお」。これも演劇部に所属していた人は練習したことがあるとおもいます。

 

声優養成所でもよく使われるものなので、毎日の発声練習に取り入れて暗記しておきましょう。

 


アメンボ赤いなあいうえお

あめんぼ赤いなあいうえお
浮き雲(うきも)に小えびも泳いでる

 

柿の木栗の木かきくけこ
きつつきコツコツ枯れケヤキ

 

ささげに巣をかけさしすせそ
その魚(うお)浅瀬で刺しました

 

立ちましょラッパでたちつてと
トテトテ立ったと飛び立った

 

なめくじノロノロなにぬねの
納戸(なんど)にぬめって何ねばる

 

鳩ぽっぽホロホロはひふへほ
日向のお部屋に笛を吹く

 

まいまいねじ巻きまみむめも
梅の実落ちても見もしまい

 

焼き栗ゆで栗やいゆえよ
やまたに火のつく宵の家

 

雷鳥寒かろらりるれろ
れんげが咲いたらるりの鳥

 

わいわいわっしょいわいうえを
植木屋井戸がえお祭りだ

 

暗記したら

養成所では準備運動の一環として、横向きに寝転んで上体を持ち上げて浮かした状態(腹斜筋をきたえるようにした状態)を維持したまま、この発声練習を行っていました。暗記した場合にはチャレンジしてみましょう。

 

 

アメンボ赤いな…の正式名称

「アメンボ赤いなあいうえお」というフレーズの印象が強いですが、これは発声練習用につくられたものではなく北原白秋さんの詩で、題名は「五十音」というものになります。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止