声優>練習に役立つ?スマホを台本代わりにするメリットとデメリット

スマホを台本代わりにした練習のメリットとデメリット




練習教材として印刷された本を持っている人が多いと思いますが、最近は電子書籍が普及しています。そのためスマホで電子書籍を台本代わりにして練習している人もいるのではないでしょうか。

 


スマホのメリット

演技の練習専用に作られた台本でなくても、電子書籍化されているマンガや小説はたくさんあります。

 

それらを使えば漫画を置くスペースは必要ありませんし、家で声を出せないから外に声を出しに行こうという時にも荷物が少なく済みます。

 

そのためスマホを使うのはとても便利なのですが、スマホだとできないのが「ページめくり」。ページをめくること自体もそうですが、ペーパーノイズに気を使わなくなってしまいます。

 

アフレコでは台本を持ちながら収録しますし、朗読でも台本を持ちながら行う事がほとんどです。ページをめくる事に慣れていないと、いざというときに失敗の元になってしまう可能性があります。

 

台本を使って行う本番が近いときにはなるべく台本を使って練習をするようにしましょう。

 

 

スマホのデメリット

もっと大きな問題が書き込みができない事。練習ではここはこうしようああしようと色々アイデアが出てくると思いますが、本と違ってせっかくのアイデアを書き込めません。

 

もちろんメモ機能などに残しておけばいいですが、せっかく思いついたこともメモを呼び出しているうちに忘れてしまったりなんてこともあるでしょう。

 

とはいっても、スマホや電子書籍で気楽に練習ができるメリットは大きいですし、演技の練習をすることだけを考えれば本と違いはありませんので有功に利用しましょう。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止