声優>声優として使えない話し方

声優として使えない話し方




声優の仕事現場、いわゆるアテレコ現場や歌手の録音現場などで、マイクの前に丸い物体があるのを見たことがあるでしょうか?

 

声優好きの皆さんならご存知の方も多いでしょうが実はあれはとても素敵な力を持った魔法のアイテムです。

 


丸い物体の正体

あの丸い物体はポップガードといいます。

 

その名のとおり「ポップ」をガードするものですが、いったいそのポップとはなんでしょう?息を強くマイクに吹きかけると「フーッ」とノイズがのりますが、そのノイズの事です。

 

普段の喋っているときは、息が出た出ないは全然気になりませんが、アテレコ現場で使われているマイクはプロ用のものなので、小さな音も敏感に拾ってしまうのです。

 

ポップノイズが発生してしまうと、いくら上手くセリフがいえたとしても、声優の仕事としては使えないものになってしまうためNGになり、録り直しになります。

 

演技上達の近道でも書いたように、演技上達には練習を録音して聞き返すことはかかせませんので、日頃から自分のセリフを練習し、どういう風に喋るとポップノイズになってしまうのか研究しておきましょう。

 

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止