声優>演技の練習に飽きたら?マンネリ化を避け人と差を付ける練習方法

マンネリ化を避け人と差を付ける練習方法




声優になるために毎日するべき練習。しかし、どんなにやる気がある人でもやる気が起こらずさぼってしまうことがあります。

 

やる気がなくなってしまう原因にはいつも同じ練習ばかりしているから事が挙げられます。練習のマンネリ化です。

 


マンネリ化を避ける練習方法

そうならないためにも練習内容にも工夫を凝らす必要がありますが、その時に使える方法があります。

 

下手な演技」をできるようにしましょう。

 

簡単なようで難しいのが下手な演技です。はじめのうちは演技が上手くいかずに嫌でも棒読みのようになってしまいますが、練習して上手くなると棒読みができなくなってしまう事があります。

 

棒読みなんて使わないと思うかもしれませんが、相手とのやりとりで興味のないことに生返事をする場合には、あえて感情を入れないで棒読みのように喋る必要がありますのでこれもできなければいけません。

 

 

多くの人が見逃している練習

練習をしていても普通の人が見逃してしまうのが、この下手な演技や棒読みの練習。そのために、他の人と差を付けられる部分でもありますので、いつもの練習に飽きたら挑戦してみて下さい。

 

ただし、普通の演技ができていないとただ下手なのか、下手な演技なのか区別ができません。

 

普通の演技がしっかりできていないと、下手な演技として見せることができませんので飽きない限りは普通の演技を優先して練習しましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止