声優>「いい演技」が分からない初心者でもわかる演技上達のコツ

いい演技が分からない人への演技上達のコツ




声優に演技力が必要なのはいうまでもありません。しかしこの演技力というものはあいまいなものです。演技の勉強をはじめたばかりの人は、どんな演技がいい演技なのかあまりよくわかっていないのではないでしょうか?

 

そのような状態では、演技の練習をしようにも、その演技の着地点がわからないため非常に効率の悪い練習になってしまいます。

 

そのために、だれでもわかる、というと言い過ぎかもしれませんが分かりやすいポイントをご紹介します。

 


上手な人ではなく下手な人から学ぶ

演技が下手な人に注目しましょう

 

なぜ演技が上手な人ではなく、下手な人なのか?それは多くの人が何が上手かはよくわからなくても、下手な事についてはよくわかるからです。

 

下手な人がなんで下手なのか、その理由を分析し、そうはならないように練習するようにしましょう。下手な人を反面教師にするということです。

 

もちろんいい演技がちゃんとわかる人もいると思いますが、そういった人にも是非この方法はやって頂きたいと思います。意外と新たな発見があるでしょう。

 

 

上達を妨げる原因

私も最初のうちはそんなことわからず、友達とそういった話になったときは分かっているふりをしてうんうんとうなずいていました。

 

だれでも最初はわからないのが当たり前ですが、いけないのは分からないことを分からないままにすること

 

下手な演技を理解することで、上手な演技がどういったことかわかってきますのでがんばってください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止