声優になるには媚を売る?声優になる近道、必要な努力

声優になるには媚を売る?声優に必要な努力




どんな世界でもプロになるために努力は必要です。

 

では、声優になるためにはどんな努力をすればいいか考えたとき、どんなものが思いつくでしょうか?まず思いつくのは芝居が上手くなるための努力です。

 

しかし、いくら芝居が上手な人がいてもその人が声優になれるとは限りません。

 


芝居が上手でも声優になれない理由

極端な話ですが、とても芝居上手な人がいたとします。

 

しかし、その人が声優養成所に通ったり、どこかでその演技を披露したりしなければ声優として起用される事はありません。

 

キャスティングする人の目にとまらないからです。

 

声優になった場合は、いわゆる営業として事務所が代わりにあなたを売り込んでくれます。しかし、それまでは自分で自分を売り込まなければいけません。

 

芝居の勉強とともにそういった努力も必要になります。

 

もちろん、自分を売り込むいってもなんでもかんでも目立つ事をすればいいというわけではありません。

 

 

売り込み=日々の積み重ね

例えば声優養成所の授業に積極的に取り組み、自分をアピールできるようにしっかりと予習復習を行う等、日々の些細な事がつもりつもって大きなアピールに繋がります。

 

そう考えると毎回の授業がどれだけ大切なものかわかると思います。声優に限りませんが、どんなにすごい事が出来ても、それを見せられなければわかってもらえません。

 

特に芝居はスポーツのように明確な優劣の基準がありません。あの人は声優になれたのに…という事もあるでしょう。もしかしたらそういう人は自分を売込む努力をしていたのかもしれません。

 

 

「媚を売る」はどういうことか?

明るい人を騒がしい人とマイナス評価をする人、暗い人をおとなしい人とプラス評価する人、がいるように物事には逆の考えが存在します。

 

「媚を売る」というのが嫌いな人がいます。私もそうです。しかし、逆に考えると必死に自分を売り込んでいるということになります。

 

きれいごとを言っていても声優になれるわけではありません。貪欲にできることは何でもやっていかなければ声優になるのは難しいです。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止