声優>肺活量が多いと喉を痛める?のどを壊す原因とケア方法

のどを壊す原因とケア方法




声優の養成所ではいきなり演技の勉強をする事はほとんどありません。まずは基本的な発声、声を出す事を学びます。

 

なぜかというと、まずは発声が声優にとって大切なことだからです。

 

発声が大事というのは、声優としてしっかりとした声、大きな声を出すために大事だという理由もありますが、それ以外にも重要な理由があります。それは正しい発声ができていないと喉を壊してしまうからです。

 

喉を壊しやすい人というのは、もともと喉が弱い人もいますが、この正しい発声ができていないという人が殆どです。

 


肺活量が多い人は喉を壊しやすい?

特にやっかいなのは、肺活量は多いのに発声方法が間違っている人。肺活量が多い=大きな声を出せるからといって、間違った発声のまま大きな声を出してしまうと、喉への負担が大きく、すぐに喉を壊してしまいます。

 

そのために、まずは正しい発声を覚えることが大切になります。別の記事で声優養成所に入る前での独学で練習すると癖がついてしまうので、練習しない方がいいと書いたのはこのためです。

 

ちなみに声優養成所の授業で声楽の授業があるのは、その発声も声優のためになるからです。声楽の授業のときはもちろんですが、カラオケに行く場合などにも音程ばかり気にしないで、発声を意識してみましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止